もしも貴方が病気で通院又は入院していたら

2007/08/31
人間どんな人でも一生の間怪我をしたり病気になったりしない人はいないでしょう。
このところ新聞やTVで病院の保険不正請求が見つかって「病院や医師の保険指定が取り消された」との事件をよく目にします。
でも貴方は自分がその病院に入院や通院していた場合自分の支払い額が予測出来ますか、
普通国民健康保険に入っている人が病院に通院すると病院への支払いは個人の場合負担は3割です。さらに高度な医療を受けた場合は相当な高額になります。
でも貴方は自分がその病院に入院や通院していた場合自分の支払い額が予測出来ますか。
最近こんな場合の病院がどうなるか、見本みたいな事例が新聞に出ていましたので一部抜粋して書き出します。私には大変参考になりましたので皆さんもご一読下さい。
読売新聞(8/31)より
「静岡県藤枝市立総合病院(病床数654)が保険診療が認められていない一部の歯科治療で不正に保険請求していたとして、厚生労働省と静岡社会保険事務局は、健康保険法に基づき、同病院の保険医療機関の指定を10月1日から取り消すと発表した。取り消し期間は5年間だが、住民への影響が大きいため、厚生労働省などは改善計画を提出させ、1か月で再指定を認めることも検討する。病院側は、取り消し期間中の診療を救急患者や計画的治療が必要な患者に限る方針を示した。厚労相の諮問機関である静岡地方社会保険医療協議会が28日、指定取り消しが妥当と答申、同局が処分を決めた。併せて同病院歯科口腔外科の歯科医2人の保険登録を29日から取り消す。同病院は、金丸仁病院長ら12人を減給10%(6~1か月)の懲戒処分とし、早期の再指定を申請することを明らかにした。
**取り消し期間中は全額が患者負担となるため、病院側は新規治療を原則として断る。急患や計画的治療が必要な患者は、保険診療と同様に原則3割の自己負担とし、差額分は病院側で負担する**。1日平均1400人の外来患者、500人の入院患者はともに半減するとみられる。」以上が新聞記事のあらましです。
これで判ったことは、もし自分が保険指定取り消し病院に入院していたり通院していたりした場合は保険指定取り消し期間中は全額自己負担となるということです。
軽度の病気の場合は他の病院に移るとか転院するとかで対処出来ますが、それでも別の病院では新しくいろいろな検査をする事になります(ご存知と思いますがこれには、けっこう時間と費用が掛かります)。でも高度治療中の場合は治療方法とか薬とかさらに大変なことになります。
以上余計な事ですが、自分の場合こんな時どうするか、早めの対処のため頭の一部に記憶しておくことが、最も大事な事だと思います。・・・もう少し生きていたい人、人生は大変です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 審美歯科のPMTC治療とは

    Excerpt: タバコのヤニやコーヒー・紅茶の茶しぶといったものは、一度つくと頑固で歯みがきでは取れなくなってしまいます。といっても、しぶの色は柔らかいゴム製のラバーカップを回転させることで汚れを取り去ることができま.. Weblog: 審美歯科と美容歯科って、、、なに? racked: 2007-09-01 01:05