びっくりした

画像

このところ年のせいかあまりびっくりする事が少なくなりましたが、最近スーパーでびっくりするものを見つけ買つてきました。
写真のような小瓶に入った熱帯魚風の小さい魚の入ったものです。
直径7cmほどの小瓶です、この中には水が入っており底に少量の砂と水草、そこに2匹の
グッピー風の魚が入っています。
普通こんな小瓶に小魚とはいえ2匹も飼えるとはとても思えません、さらにスーパーで生きたまま販売しているなんてとても「びっくり」しました。
小さい金魚鉢に金魚を飼っても酸素を入れるポンプが必要ですね、でもこれには何も付いていません、スーパーで売るという事はメーカーから問屋-小売店に来るまで少なくても数日かかるはずです。
当方で買つてきたものを早速蓋を開け付属の粉状の餌を入れてみました、蓋を開ける時も魚は逃げず瓶の水の上部に泳いでいてまるで餌を待っている状態でした。
餌を入れると夢中になって餌を食べています、ここでもびっくり。
説明書によると
製品名は「バイオアクアリウム コッピー」といいます。
このびっくりした小瓶の小魚のシステムは次のように書かれていました。
*容器の中はバイオスフィア(生物圏)が形成されています。コッピーと水草が酸素と炭酸ガスを交換し合い、コッピーの排泄物は、底砂に付着している硝化バクテリアが分解し、水草に吸収され、自然の浄化作用が行われており、このシステムは「小さな地球」と言えます。バランスが崩れると生物は死滅します。自然環境を守り、地球を大事にしましょう。*
以上理屈は解りますがびっくりしませんか、いつまで生きるかな。
ちなみにこの地球は¥980でした、ここでまたびっくり。