えんどう親父の模型語り2-5

2006/10/05
マルサンの金型の行方
これはいろいろ問題があって今となってはなかなか本当の話は出てこないと思います。
なぜか、一つの会社が倒産又はクローズする時は殆ど急な話場合が多く例えばその会社が
プラモデルメーカーだとするとその会社の資産は不動産以外は金型も資産に入ると思います。そんな金型ですから突然会社の倒産にあった会社の関係者が金型を持ち出すという話が沢山あります。でもその金型でプラモデルを生産すると・・お解りですね、そのプラモデルを生産された方が持ち出されたと言うことになります。了解の上に持ち出した場合以外は当然大問題になります。マルサンの場合/グンゼ(REVELL)の1/32雷電他の場合、その後まともに再生産されない事情はこんな状況があるからだと言われています。
ちなみにブルマークは元マルサンの社員が造った会社だそうです。更にアルカンシェールというブランドでマルサンのKITが出たことがありますが製造されたのは韓国/中国だそうです。
そんなわけでこれからもマルサン、日本で造った金型のREVELLものは正式に再生産されることはないだろうと思います。
ステーションホビーさんのこと
このお店は当時のプラモデラーは知らない方はいないだろうと思いますが
当時お店は新橋駅前にあり(場所はご近所に移転されたこともあったようです)のちに錦糸町の駅ビルに移転されました。
私の知っているこのお店は独自の輸入ルートを持ち殆ど世界中のプラモデルを扱っていました。ただ小さい店舗なので商品についていろいろ聞くと怒られると当時のお客さまによく聞きました。当然事前に商品の予備知識を勉強してから買いに行くというようなお店でした。
今考えると店員さんは忙しいのでいろいろ質問されても困るということだったと思います。
何れにしてもこの当時日本一のプラモデル店であったことは間違いありません。
私ども小売店もいつかはステーションホビーさんに売っている様な商品を売れるお店になりたいと思っていました。
その後私もステーションホビーさんが最後に錦糸町のお店を閉店されるときに残ったバキュームフォームキットを全部まとめてお譲りしていただいたことが思い出されます。全部でなければだめだということで買うことになりましたが、その量も大量で確か2トンのトラック1台満杯だったと記憶しています。おかげてその後バキュームフォームKITについては随分お客さんと楽しい時期を過ごさせていただきました。その後10年以上たってバキュームフォームKITの限界が見えて来たので各国のバキュームフォームメーカーのクローズと同時期にその取り扱いも終了しました。後年お客さまからえんどうはなぜバキュームフォームKITを扱わないのかと聞かれることがありますが、話が長くなるので「以前扱ったが飽きたのでやめました」と答えていました。「うそ言ってごめんなさい」今頃になってのお詫びです。

"えんどう親父の模型語り2-5" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント